それは妙案。<黒>

日々のつれづれ、折々、ポツポツと語ります。一筆絵なども描いてます。ブログ民過去記事を保管しつつ、更新しています。←というか今も継続中です。 すべる足元にご注意ください。 コメントは過去でも新着でもどこ記事にでもどうぞ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エビ、コンパニオンプランツ。〔写真〕

お久しぶりです。
お買い得品で買って冷蔵庫で3日置いていた間に多分いたんでいたエビを料理して食べたことにより、先週の金曜日位から、ハラこわしてましたw
やっとましな営業になった。胃腸が。
いたんだ食材はすごいですな~
劇的に、便秘と下痢とガス膨満感(アレな話ですみません)が同時に胴体内でかち合った感じで、ハライタで動けませんでした。
特に右わき腹の下のほう、足との付け根あたりってゆうか盲腸あたり? 下腹部右? 大腸の曲がり角?
分からないけどそこが、触れるだけでもいたい。
そこを使った動き(腹筋を使った動きともいうかな)が全くできないので、
特に、寝た状態から起き上がるのがひじょう~にむずかしかった(汗)

怪我の巧妙は、
ついに、腹筋を使わず両手と左っケツくらいで起き上がる手順を確立したことと、
野菜とキノコと豆腐あたりをかつお節で煮たものばかり食べていたのだけど(ご飯粒とかおかずとか固形のものは胃腸の消化と回復に響くのでムリだった)、それをすりごまとかオリーブオイルをかけて味噌だったりケチャップだったりを溶かして毎食食べているうちに、4~5日したらなんかすごく顔の肌の状態が良くなってた( ̄∀ ̄;)
全然荒れたりがさついたりざらついたり脂ぎったりがない。
図らずも、マクロビオティックとか糖質制限ダイエットとか絶食プログラムとかデトックス効果とか
そういうものになったのではないかと、人と話していて結論が出ました。
スキンケア、肌に合う化粧品を使うのも良いけど、食生活で体の中からのケアってすごいなと思いました。
顔だけじゃなく全身に好影響だし。

もう普通に肉魚もご飯もパンも食べられるようになったのですが、せっかくのこの流れなので、これを機会に主食を玄米メインにしようかと思います。


こないだグリーンカーテン用に食べられる「つるっぽ」とか言うつる性植物を買った
と言いましたが間違えてましたw
「ぬるっぱ」でした!
すみません。本当の名前はアカザなんとかと言うらしい(覚えてなくてすみません)。別名「オカ(丘)ワカメ」。



この写真に写っているのが、その「ぬるっぱ」です。

少しつるが伸びて葉っぱも増えてきたので、ちょっと採集して湯がいて醤油と酢とゴマ油で食べてみました。

茹でているときはつるむらさきみたいな匂いがした(つるむらさきと同じ仲間らしい)けど、食べたらつるむらさきみたいな土臭さはなくて、歯触りが面白くて、これけっこうイケます。

肉厚の葉っぱの表面にちょっとワカメの食感があるような。
「葉物野菜」系の何かが欲しいとき、かなりお役立ちになりそう。


ゴーヤも育って来ました。



葉っぱがちょっと肥料焼けしちゃったかも。追肥用の肥料の粒粒をゴーヤの根本近くに埋めてしまった(ちょっと離れた所に埋めるのがいいらしい)。
それと植えたはいいもののアサツキの存在意義が分からなかったのですが、偶然ゴーヤのそばに植えたニンニクが、ゴーヤにとって良い作用働きをするコンパニオンプランツだったようで、他にも色々な植物にそういう働きがあるもののうち、ニラやネギやチャイブなどもそうなので、似た種類のアサツキも結局ここに生えてくれてるだけで意味あるんじゃね?正解じゃね?

と思い直し再評価しているところです。

ちなみに、エビにやられている間にもゴーヤとぬるっぱはすくすく育ち、もうネットに這わせていて十分OK過ぎる長さなのですが、ネットを設置する元気がまだ出ないw


この頃は梅雨時期ですから食べ物の足の早さには御用心ですよ皆さま。
(真っ先に自分に言え)
スポンサーサイト

| 日記・つれづれ〔イラストもあり〕 | 21:19 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。